アイエイケイ竹子島支局のいろいろな事をする処とそれとジョークカンパニーとジョークワールドのニュースもお届けする処です。


by iak-takeshi

こんばんわ真宮大和(まみやひろかず)です。

舞糸高速車両研究所の真宮大和(まみやひろかず)です。

前回のお話からかなり立ちましたが、当社の親会社「舞糸高速鉄道」がふたつの速達列車の運用開始を初めてこちらも数ヶ月を経ております。当面は車両の増減に変化は考えられないとは思うんですが、当社が開発している車両、ガインエクスプローラーが気づいたらオールラウンドな車両運用になっていました。といっても車種番号で使い分けはしています。GEX200がG(グレイト)快速、GEX100がS(スタンダード)快速、GEX ZEROが各駅停車の運用ですが、そのうち増強されることになりました。いまGEX ZEROは2両編成になっているんですが、これにGEX300を組ませる運用です。ということで、
GEX200もGEX100も4両編成、GEX ZEROも300と組んで4両編成で揃います。その増強が終わったあと舞糸高速鉄道創業当初から運用についている5000系が当親社の戦線離脱をすることになります。森田鉄道の車両数と資金面が厳しいということですので、そちらで第二の人生を歩むかもしれません。でも確か森田鉄道と酉武貨物はグループだったはずなのに…。

それと今日はウチよりノッている聡美川鉄道車両研究所ですが、各地に自分ところの車両を供給するという契約を次々とっております。LRTですよ。これからの主流ですしね。昔ここが「すろーた」という今開発製造している「すろーた2」とは似つかない風貌のマッチ箱を並べたような車両を作っていましたが、これがまー故障続きで、少し走らせてしばらく見ていないというのか、僕は前回もお話しした方に最近招待を受けて乗せてもらったんですが、圧巻です。これが「すろーた」で圧巻なのですから各地から契約をバンバン取らせている「すろーた2」は一体どんなんだよって感じです。ウチも世界に出たいなぁ。あ、あともうひとつ、夢峠鉄道車両さんなんかも世界進出ですよ。会社自体車両製造でそんなに歴史ないって言うのか出来たばかりなのに。

車両研究所って言い方ですが、当社がガインエクスプローラーを開発して製造することになった当時、なにか未来に突き進むといった気風を感じる名前がいいなぁと考えました。ほら、舞糸車両じゃ響きがねえ…。それで車両製造に勤しむ研究所にしてみました。それとガインエクスプローラーのエクスプローラーは「探検家、探究者」の意味で、そうありたいと願って名前をつけました。ただエクスプレスという候補もあったんですが、響き勝負でエクスプローラーにしました。車両研究所という名前はどうも流行っているみたいでウチのライバルでもあり友人でもある聡美川鉄道車両研究所もウチが出来たあとに聡美川鉄道の車両製造部門から独立して作ったとか。
[PR]
by iak-takeshi | 2011-06-19 21:03 | 舞糸高速車両研究所のひとりごと