アイエイケイ竹子島支局のいろいろな事をする処とそれとジョークカンパニーとジョークワールドのニュースもお届けする処です。


by iak-takeshi

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

竹子島政府は10/19付けで新行政を展開する事を誓った。
それは竹子島を三つの州に分ける方針である。
北松州、中之松州、舞糸州で、舞糸州に関しては合併を要望していた近隣市政区を編入してもよいという弾力的提案も出された。

各州の強み
北松州には民軍併用の空港、中之松州、舞糸州には商用港がある。


無血一日内戦のきっかけ
10/17に舞糸市市長に竹子島救援隊(旧竹子島軍)総隊長が電話会談で、「北松政府(現政権のあだ名)が我々に舞糸市の攻撃指令の発動準備をしている」と伝えたことにより舞糸市市長が何らかの意見提示を現政権を行った。その中には
「時と場合によっては、芸術都市の誇りと市民そして周辺の賛同者共々命を賭け、死も恐れず現政権と戦う用意がある。」
という声名もあった。
10/18には現政権と舞糸市市長、中松市市長とも早急に話し合いが持たれ最終的に「どこ行っても平和で豊かな個性を維持する事が認められる政治」を目指すことにしたうえで、新しい竹子島の将来像を作ることを誓い合うという至って平和的な解決を見た。ただこの記事を無血一日内戦としたのは話し合いの前に現政権と舞糸市市長が目線で火花をちらしあっていたことによる。その空気たるや尋常ではなかったからだ。
[PR]
by iak-takeshi | 2008-10-19 08:36 | アイエイケイ竹子島ニュース

島半分が「舞糸市」?

【舞糸市の行政区分広がる?】
舞糸市は先月末の発表で「舞糸市に合併をしたいと言う市行政」が島半分に広がっている事を発表した。主な理由は発表していないが、以下の理由を専門家が推測している。
1 舞糸市が竹子島では比較的自治の力が強い「行政特区」である。
2 経済特区でもあるため財政が潤っている。
3 竹子島を代表する芸術都市であり、表現の自由の特区とも言われており、自分の所もそうなりたいという思惑。
竹子島では未だ実質の王政がつづいており、行政特区である舞糸市以外の市行政との格差が昔から問題になっている。その格差を解消したいと思っている近隣の市行政は合併を望んでいる。
[PR]
by iak-takeshi | 2008-10-09 20:19 | アイエイケイ竹子島ニュース

LUGYIA AIR LINEとか

【ペガサスエアーに対抗したくて】
ラーシアでは航空会社の再編が起こっている。
先月には中央ラーシアを含むラーシア北半分の地区の航空会社が協定的合併を行った際に新会社としてスタートを切った。それがLUGYIA AIR LINEだ。対するラーシア南半分の地区では共同体国家「アルリマニッツ」が発足、その後すぐにアルリマニッツ航空の創立式が行われている。これによりラーシアは北と南が国境で分かれることになった。

LUGYIA AIR LINEを発足させたのは元竹子島ペガサスエアーの社員。ペガサスエアーでは報酬、労働条件とかに対した不満はなかったが、「どこかペガサスエアーを撃ち落とす存在はないのか」という考えがあった。
ペガサスエアーは数年後に完成を予定している大豆島の大豆幸崎空港の完成にあわせ100%出資の子会社コンパスエアーの立ち上げを予定しているが、この時に異動を命じられることになっている社員からは実のところ不満が上がっている。LUGYIA AIR LINEを発足させた元社員もその声がかかっていたという。


【キャラフェ社の後継ぎ会社発足】
1年前以上にキャラフェ社が他社の合併を拒否するために解散を決断したということがあったが、その後継ぎ会社「コンティ・ギャランツ」が発足。今後はカフェマシーンのみならず大豆島の池田屋と提携しイートイン事業にも乗り出す。
[PR]
by iak-takeshi | 2008-10-09 19:56 | ジョークカンパニー